看護師パートの選び方

看護師のパートを希望されるのは、主に子育て世代の20~30代の方です。
子供が小さいうちはパートで働き、ある程度手が離れる小学校入学を機に常勤で働く方が多いです。
子供が小さいうちは特に、自宅近くの職場がよいとか、保育所の近くの職場がよいとかで探す方が多いのですが、こういった一時的な条件を優先して探すと失敗することになりかねません。
というのは、子供が保育所を卒園してしまえば、かえって通勤しづらい場所であったり、自宅の近くすぎると退職した後、スタッフにばったり会ったりなかなか生活しづらいということにもなります。
また診療所看護師は夜勤がないし働きやすいと思われがちですが、看護師のスタッフが少ないため、逆に休みづらかったりする場合もあります。
子供を預けてパートをお考えなら、子育てに理解のある職場を探しましょう。

おへその話

おへその下のあたりを丹田といい、「気」のやどるところらしい。
ここがしっかり充実していると、心身ともに充実して、活力のある生き方ができ、また、動じず、道を過ることが少ないともいう。

丹田を意識することは、美容上もよいようだ。
由美かおるが合気道をやっているのはよく知られているが、武道の呼吸はいずれも丹田を意識したものらしい。
彼女は最近までその入浴シーンで中高年男性を魅了してきたが、その美の秘訣は呼吸法にあるのではないか。

おへその下を意識して、呼吸を整え、美しさを手に入れたいものである。

美容家電

美容家電というジャンルが充実してきましたね。
値段もお手頃でおうちでエステ気分のケアができるところがウケているようです。
あったらいいと思うもの、ちょっとあげてみましょう。
イオン導入機ですね。専用のローションを含ませたコットンなどをはさんでイオン化して肌に導入するものですね。
これがあるとビタミンCのイオン導入が自宅でもできるので、寝る前に5分、使うと翌朝のお肌がワントーンアップします。
値段も数千円から一万円くらいまでのものがありますが、小型でお安いもので充分です。
エステでイオン導入する料金よりお安いもので充分使えます。
セーブできるところはセーブして、プロに任せるものはプロに、メリハリケアで賢くね。

コツを押さえたメイク

社会人なら時間厳守はマナーだというのはわかっていますよね。
でも、たまには寝坊することもありますよ、人間だもの。(^^;)
朝食に、ジャムをパンにつけて食べるのが良いです。
家を出るまでに15分しかない! こんな時、どうするか、手抜きに見えないコツをご紹介しましょう。
まず、朝ご飯はあきらめて下さい。洗顔して、歯磨き、メイクをしながらコーヒーくらいは飲めるかも。
下地を整えて、ファンデは省略して、パウダーだけはたいてください、ここまでを10分で済ませましょう。
パウダーのアイブローで眉を自然なラインに色をのせる。まつげをカールさせて、リップグロスで艶のある唇にして、とりあえず完成。
あとは会社に着いてから休憩時間にでもメイク直しをどうぞ。
髪は、カチューシャで雰囲気がつくれます。

ムダ毛の処理は男女ともに…

脱毛は女性の問題なんて思っている人いませんか?
それは昔の話です。
今は男女を問わず、ムダ毛の処理をするのは珍しくありません。
ですからヒゲや濃い体毛は男らしいなんていう感覚はちょっと古いのかもしれません。
男女ともにそうしたムダ毛男子は汚らしい、不潔という感じを持つようになってきているようです。
草食系なんて言葉がありますが、全体的に男性が女性的になってきているのでしょうか?
そのあたりはよくわかりませんが、いずれにしてもムダ毛を処理しておいて悪いことはありません。
ところで、最近は家庭用脱毛器も普及してきています。
それらをカップルで共用しているという話もよく聞きます。
これも時代性を感じさせる話ですよね。

年を取るのは当たり前!

人間は日々の生活を送っているだけで、確実に年を取っているわけです。
ただ、そんなことは普段は意識していません。
それが、あるとき自分も年を取ったと実感するときがあります。
例えば久しぶりに会った知人がすごく老けていたりしたら、それだけ
自分も年を取っているわけです。
なんだかショックを受けたりすることもあります。
でも、化粧やファッションセンスを磨いて若く見せたりすることは出来ます。
それに健康を意識して体力を維持したり、流行に敏感でいることにより意識を若く保ったりすることも出来ます。
でも年を取るというのは自然の摂理です。
本質的には老化は誰も止めるわけにはいきません。
ですから、年を取るのは当たり前という、ある種の開き直りも必要かなと感じてます。

ランニングの効用

以前はランニングというと少なからず苦行というイメージがつきまといましたが
現在はのアウトドアブランドがお洒落になったおかげで、
楽しいイメージが強くなりました。女性ランナーも多く皇居の周りを走っていると
女性の姿を頻繁に見かけます。
ランニングは代謝UPに非常に効果的です。当然の事ながら脂肪をどんどんエネルギーに変えていくので
ダイエットにも最適です。
女性には良いことづくめなのでやってみる価値だと思いますよ。

生涯勉強し続ける習慣をつける

学校を卒業したら勉強は終わりという考えは間違っています。
人間生きている限り一生が勉強と言えます。
職能がものをいう看護師さんなどはそういった意識が強いです。

こういった特殊技能であれ、ふつうの学習であれ、効率的な学習法はあります。
その場合も漠然と勉強するのと目的を持って勉強するのとでは当然ながら身につく度合いが違ってきます。
より目的をはっきりさせるためには資格取得などを目標にしたらいいと思います。
そうすれば目標設定が明確になりますよね。
目標設定が明確になれば後は達成に向けて努力するのみです。
このようにやるべきことを明確にすることは大切です。
やるべきことが明確だと焦点のはっきりした勉強ができます。
これが最も効率的な勉強法だと言われます。
こうした学習の習慣はあらゆる場面で応用ができます。
生涯学習が叫ばれていますが、いつまでも自分を高める習慣作りは大きな利益となって自分に帰ってくるはずです。

年代別の役割とは?

年相応という言葉があります。
やはり年齢によってやるべきこと、期待されることが変わってきますよね。
若い頃はそれこそポリフェノールが豊富なのでぴちぴちしています。
一般的には年代が上がるに従って、責任のある行動が期待されます。
これは人としての成熟に対応した役割の変化と言えます。
では、具体例には各年代ごとにどのような役割が期待されるのでしょうか?
まず二十歳までの間は未成年ということで、まだ一人前の扱いは受けていないように思います。
その後に続く20代はフレッシュな力を期待されますが、まだまだ多くの責任を任せられることはありません。
ある意味、最も自由な時期と言えるでしょう。
この時期を種まきの時期という人もいます。
いろんな種をまいておき自分の将来の可能性を広げることが重要です。
30代はその播いた種の選別と成長促進の時期と言えます。
こうして育てた種の収穫をするのが40代、50代です。
いい収穫が出来るのがいい人生と言えるかもしれませんね。

紫外線対策

冬の紫外線をあなどってはいけないと思います。
スキーに行って、真っ黒に日焼けしたのに驚かれた方も多いと思います。
雪から紫外線が反射しているためです。
雪や雨が降っている時は紫外線はそう気にする必要はありませんが、晴れた日の日中は冬でも紫外線対策が必要なのです。
油断禁物ですよ。
この時期もしっかりとUVケアすることが後々お肌にシミを残さない、シワを増やさないために大事なのです。
この時期の紫外線対策で注意しなければならないことがあります。
お肌の乾燥です。
保湿成分の入った美容液をぬり、さらにUVケア用の乳液を塗る必要があります。
乾燥と紫外線を同時に防ぐことができる保湿成分の入ったUVケア美容液を使うのが一石二鳥です。

冬のお肌

手先や口びるがかっさかさになるのはしかたありません。
ただそのままにしておくとひどいことに。
まずは潤いを与えることです。
お顔も同じ。
冬の空気は乾燥しています。
どんどんお肌から水分が奪われて、かさかさ、しわしわになり、ひどいことになってしまいます。
保湿が大切ですが、化粧水をぬってもすぐ乾いてしまいます。
保湿された状態を美容成分で保てるような乳液や美容液が必要なのです。
ファンデを塗るとあとからなかなか美容液を補うのは難しいですから、保湿能力のたかい美容液を朝たっぷりとつけるのが、日中もお肌のかわかないこつと言えるでしょう。